利用申込者(以下甲と称す) が株式会社オフィスサプリメント(以下乙という)の提供する、ホームページ制作サービス及びレンタルサーバー、ドメイン管理サービス(以下サービスという)を利用するにあたり、以下の通り定める。
また甲は、本サービスに申込みを行った時点で、本規約の内容を承諾しているものとみなす。

■第1条(契約の成立と効果及び契約期間)
1. 使用契約は、乙 が定める申込書に、甲が必要事項を記入し、乙 に直接または郵送にて送付し乙がこれを受領した時点で契約が成立したものとみなす。
2 当該申込書を送付した場合でも 乙 が受領、承認ができなかった場合、契約の事実はなかったものとみなし、乙 から甲に未受領及び承認できない旨を伝えたとき、甲は契約の事実がなかったことを認めなければならない。
3. 申込みの取消しは、申し込み成立5日後までを取消し可能期間とし、当サービス開始前に速やかにメールまたは書面(FAX可)をもって申込み取消しの意向を乙に伝えるものとする。申し込みから5日以内に解約する場合、甲は乙に対し、代金の初月分のみを支払うものとし、5日以降の解約の場合、乙は既に制作に着手しているため、その制作の進捗状況により制作作業実費分の代金の請求が出来るものとする。 
4. 本契約の効果の開始は、本条第1項の契約の成立時点とし、乙が申込みの取消しを行っても当該効果は有効に作用し、甲は取消しの手続き等に関し乙の取り決めに誠実に従わなければならないものとする。 また、申込み取消し行為が当サービス開始前であっても当サービス開始前に 乙 によってもたらされた情報や、有価物(電子データ及び配布書面を含む)に関し甲は当該情報の漏洩や有価物の転売、利用をしてはならないものとし、乙より当該有価物等に関し返還の請求があったときは、甲は速やかに当該有価物を乙 に返還するものとする。
5. 本契約の期間について、初回の更新は本条第1項の契約成立後、ホームページ公開月から3年の満了をもって、それ以降は1年の満了をもって契約終了とするが、契約満了の1ヶ月前までに、甲・乙いずれからも解約意思表示がない場合、本契約は有効に更新(継続)され、以降も同様とする。

■第2条(無料制作の範囲)
1. サイト制作の無料制作範囲は、HTMLもしくはPHP形式のWEBページを最大5ページまでとし、超過する分に関しては規定の追加料金を請求するものとする。
2. 内部プログラムやデータベース管理、CMS(コンテンツマネジメントシステム)の導入が必要な場合は、別途見積りとする。
3. 制作過程におけるサイトデザイン変更について、甲がトップページデザインの確認・了承をした後の場合、乙はデザイン再制作料金として15000円(税別) を請求出来るものとし、甲はそれを了承の上、再デザインを申し込まなくてはならない。
4.無料制作のプランにおいて、甲の都合により、制作期間が3ヶ月を超えた場合は、当該サイトの完成及び未完に関わらず、契約した更新パックの管理費の支払を開始するものとする。

■第3条(利用規約及び利用規約の変更)
利用規約を原則別途定めるものとし、甲は当該利用規約に従って誠実に利用するものとする、その約定は当約款をもって充てる又は補完する場合があり、甲はこれを了承する。 尚、当該利用規約は甲に事前告知をした後に 乙 によって変更することができ甲は当該変更について承諾するものとし、事前告知の方法は、変更後の約款の郵送、電子メール通知、その他の方法のうち、状況に応じて選択する。 また、当該規約についての改定は、原則改定日の7日前までに告知するものとする。

■第4条(更新パックへの加入と管理費) 甲は乙と契約するにあたり、以下のいずれかの更新パックに加入しなければならないものとする。
・オリジナルデザインPC版(月額10,000円税別)
・オリジナルデザイン レスポンシブ(PC+スマホ)版(月額13,000円税別)
・テンプレートデザインPC版(月額5,000円税別)
・テンプレートデザイン レスポンシブ(PC+スマホ)版(月額6,500円税別)

■第5条(解約事由) 乙 は、次の事項に該当する場合、甲の申込みを規制または任意に取消すことができる。
(1)甲が過去に当社規定及び規約違反等によって利用申込みが取り消されたことがある場合。
(2)甲が申込み時に乙に送った内容に、虚偽、記入エラーがある場合。
(3)甲が乙に対して債務支払を怠ったことがある場合。
(4)甲の故意又は過失によって 乙 に何らかの不利益 が生じた場合。
(5)その他、乙 が不適当と判断した場合。

■第6条(サービスの内容)
1. 乙がホームページを運営しようとする甲にホームページ制作及びサーバー・ドメイン管理、サイト更新作業を提供することをいう。
2. ホームページ表示の提供期間は、年中無休、1日24時間とするが、更新や修正の申請を電話で行う場合は、平日・土曜日の10:00~18:00までの間とし、その他の日時や乙の指定する休業日(年末年始・祝日・夏季休業等)は受付が出来ないものとする。また、下記の事項に該当する場合には、ホームページ表示サービスを一時中止することがある。
(1)緊急にシステムの点検を必要とする時。
(2)システムに障害が発生した時。
(3)第3者の故意、過失によりシステムに障害が生じた時。
(4)第1種電気通信事業者が電気通信役務の提供を停止した時。
(5)災害や天候等の理由により、通信網が遮断された場合
(6)その他法令による停電、点検及びシステムの適正な運営上 乙 がやむをえないと判断した事由によってシステムを停止又は外部との接続を遮断した時。
3.乙 は、前項の (1)~(6)号までの事由によって生じたシステムの障害による甲の直接または間接的な損害に対しては一切補償しない。
 
■第7条(登録情報の変更等)
1. 甲は、サービスの申込み時に 乙 に登録した事項に変更又は錯誤がある場合は、乙 に直ちに通知しなければならない。
2. 乙 からの通知は、甲が 乙 に登録した連絡先に発信することで、事由の如何を問わずこれが延着し、または到着しなかった場合にも、申込者に通常到達すべき時に到達したとみなす。

■第8条(会員の義務事項等)
1. 甲が乙に支払うレンタルサーバー、ドメイン管理・サイト更新に関する費用は、乙が指定する口座振替で、当月分をその月の指定日に自動引き落としによって支払うこととする。
2. 有料サービス期間中、甲の事由によりサービスが中止、契約解除される場合は、乙は甲に残りのサービス期間に対する利用料を全額請求出来るものとする。ただしホームページ公開後満3年を経過している場合は、契約解除の申し出のあった月の利用料(日割り計算なし)まで請求出来るものとする。
3. 未納及び延滞によるサービス中止とは、ホームページURLまたは 乙 が設定する他のURLに自動的に変更され、乙 の管理する当サービスを利用した甲のホームページへのアクセスを切断する措置のことをいい、理由の如何を問わず甲は当該中止に対し乙 へのあらゆる苦情、請求は出来ないものとする。
4. 乙 は、サービス停止・契約終了となったホームページに対するデータベース及び資料を1ヶ月まで保管し、それ以後は甲の同意なしに任意に削除・末梢することができる。
5. 甲は、利用料の未納によるサービス中止の後に、再度サービスの開始を希望する場合は、サービス中止期間に発生した未納利用料を支払うことによりサービス利用ができる。
6. 乙が制作したホームページを甲の希望により再リニューアル(デザイン変更および全ページ内容変更)を申し出る為には、現ホームページの契約(管理費支払開始月)から満3年以上の継続契約が必要とする。
7. 乙が制作したホームページの著作権は乙に帰属するものとし、解約後も放棄しないものとする。従って甲から提供された写真や文章データは解約時に返却可能とするが、ホームページのデザインやHTML他のプログラムに関しては譲渡されないものとする。

■第9条(ホームページ運営)
1. 甲は乙 を利用してホームページを運営する際、通信販売法を含む関係法令を遵守するものとする。
2. 申込者のホームページ運営中に、その記載内容や甲の不注意または過失により発生した事故及び損失損害の全てについて、乙は一切責任を負わないものとする。

■第10条(準拠法) 本約款及び利用規約に関する準拠法は全て日本国内法が適用されるものとする。

■第11条(合意管轄裁判所) 本約款及び利用規約に関する一切の訴訟については、大分地方裁判所を、第一審の専属管轄裁判所とする。

2008年10月20日 制定
2017年3月20日 改訂
株式会社オフィスサプリメント